金融系の新聞には「日本の景気は緩やかな回復基調にある」なんて言葉が躍っていたりしますが、景気が本当に回復しているのを実感できるのは一部の大企業社員だけではないでしょうか。
中小企業で働く労働者の給与は思うように上がらず、生活が苦しいと喘いでいる方がたくさんいるのが現実です。

学生の方も親御さんからの仕送りで何とかギリギリで生活している、というケースも多く、涙ぐましい節約術で毎日乗り切っています。

一生懸命会社で働いても少ない給与しかもらえない方、借金を早く返済したい方、自己投資のためのお金を貯めたい方など「稼ぎたい」と言うモチベーションのある方は、「キャバクラでバイトをする方法」があります。

このページではキャバクラバイトについてまとめています。
これからナイトワークでお金を稼ぎたい方、参考にしてくださいね。
稼いだお金の使い道

キャバクラのバイト求人情報はここでゲット!

キャバクラのバイトに挑戦と言っても、求人情報は一体どこでチェックすればいいのでしょうか?
ハローワークのインターネット検索で探してみても、接客業はレストランのウエイターや販売の仕事が多く、キャバクラでの仕事を見つけるのは難しくなっています。

キャバクラのアルバイト情報は、体入ドットコムなどのキャバクラ専門の求人サイトをチェックするのが一番確実で簡単。
PCやスマホからいつでも求人情報が確認できるので、本気で頑張りたい方はネットの求人情報を参考にして入店したいお店を選びましょう。

ネットの場合「初心者OK」「レンタルドレスあり」「駅チカ好立地」など、初心者でも無理なく仕事ができるお店もたくさんあり、検索もしやすくなっていますよ。

初心者がチェックするのはここ

「キャバクラでバイトがしたい、でも初心者だから上手くいくかわからない」。
そんな不安をもっている方は「初心者OK」「研修有り」のお店を選ぶのがコツ。

どれだけ時給が高くてもまともな研修のないお店では失敗も多くなり、居づらくなって退店するケースもあります。
初心者のうちは、時給よりも待遇が良いかどうかで判断するのがおすすめです。

良いお店かどうかの判断基準は、電話での対応。
面接前には担当者と直接電話で連絡を取る事になりますが、この時乱暴な言葉遣いで「いいから早く来い!」と命令されたり、挨拶もまともに出来ない担当者ではお店のレベルも低いと言えます。
そのようなお店は要注意。
女の子の管理がいい加減、または乱暴なのかもしれません。

キャバクラバイトは面接後すぐに始められる

キャバクラバイトは、面接に合格した後からすぐに仕事を始められます。
面接後、その日のうちに体験入店(体入)が出来るお店も多数あるので、本入店の前に1~2日程度お試しで仕事をしてみると失敗が少なくなります。

キャバクラの仕事は接客業ですが、最終的にお客さんに気に入られて指名を取らなければなりません。
営業的側面もあるので、向き不向きがあります。

キャバクラでバイトする前に知っておきたいデメリット